卓上蛍光灯



卓上蛍光灯
【出処】香川の実家
【年代】昭和40年代頃?
【現状】現役
【製品名】東芝蛍光灯明視スタンド

このタイプの卓上蛍光灯はどこの家庭にもあったんじゃないでしょうか。勉強する時には必須のアイテム。

蛍光灯→オレンジ色の常夜灯→消灯と切り替わります。蛍光灯をつける時には、ボタンを長押しするのが基本。押し続けて管が暖まったな、と思ったらおもむろに手を離す、付く、みたいな。紐タイプのものもありますが、やはり長くひいていないといけなかったですよね。

あと、常夜灯っぽい豆球にもそれぞれ工夫が凝らされていたような。自分の家にあった物は、プラスチックの板の下部に電球が仕込まれていて、板全体を光らせるといったものでした。

寝る時に布団周りで使う縦型、行灯型の蛍光灯もあったのですが、もう捨てたと家族から聞きました。惜しいことをしたものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tet.

Author:Tet.
そばにあると落ち着く懐かしいものたち。目にする機会は減ったものの、我が家では今も暮らしに生きているそんな道具をご紹介。昭和の物が多いはずですが、多少平成や大正以前のものが混ざっていても気にしません。懐かしい物が好きな方は別サイトの「昭和新聞広告部」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイドページです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
懐かしもの好きな方
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる