PLUS ステープラーDON80



ステープラー PLUS DON80
【出処】島根の知人
【年代】昭和
【現状】現役
【綴じ枚数】20~30枚

普通のステープラーからしたら十分大型に見えますが、ハンドルのついたもっと大きなものもありますので、中型に分類されるようです。

プラスのステープラー、DON80。ドン、は力強く留められるイメージからでしょうか。

調べてみると、1980年、昭和55年に商品デザイン部門でグッドデザイン金賞を受賞しているそうです。当時の価格は3,500円。

ちなみに、同じように調べていて分かりましたが、本綴じ、仮綴じ、タッキングができるモデルでした。普通にがちゃりこと綴じる本綴じ、がばっと開くと壁なんかに打ち付けるタッキング。そして、仮綴じってなんだろうと思ったら、針を外向きに開いて綴じる綴じ方があるんですね。上部をわずかにスライドさせると、外に開いた受け金部分で仮綴じができる。恥ずかしながら仮綴じという方法自体を初めて知りました。

小さなホッチキスでは針が届かない枚数でも、上から体重をかけてがちゃんと綴じれば楽に綴じられる。非常に頼もしいステープラーです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tet.

Author:Tet.
そばにあると落ち着く懐かしいものたち。目にする機会は減ったものの、我が家では今も暮らしに生きているそんな道具をご紹介。昭和の物が多いはずですが、多少平成や大正以前のものが混ざっていても気にしません。懐かしい物が好きな方は別サイトの「昭和新聞広告部」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイドページです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
懐かしもの好きな方
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる