スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZOJIRUSHI ポット(フラワリー)



ZOJIRUSHI ポット フラワリー
【出処】島根の知人
【年代】昭和後半?
【現状】現役
【容量】1.92l

飛び出たくちばしのような注ぎ口が特徴的なポット。上部の蓋の部分がけっこう大きめです。

昔ながらの魔法瓶タイプ。上部を押して空気圧でお湯を押し出します。最近のポットは電動で、ボタンを押すと出てくるものが多くなりましたね。

象印では「ガラリー」なるサイトを展開しています。こうした懐かしいポットの柄を年代ごとに追ったもの。そうした柄のデザインを、壁紙や便箋として楽しむことができます。ちなみにこのポットには「フラワリー」という名前が記されているのですが、ガラリーには見当たりませんでした。

記憶として残っている、というよりは聞いた話をそのまま覚えているのか、小さい頃こういうポットで火傷をしたことがあるようです。注ぎ口のあたりに指を入れて遊んでいるうちに、熱いお湯がだくだくと流れて。水道の蛇口と一緒で、水の表面張力で管の中に残っているお湯が、指でいじったりすると流れてくるんですよね。

蓋を開けると中に収まっている、銀色の管がついたあの部品。なんでかわからないけど、子供の頃はこういう部品が大好きでした。ゴムの水枕の口を留める金具とか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tet.

Author:Tet.
そばにあると落ち着く懐かしいものたち。目にする機会は減ったものの、我が家では今も暮らしに生きているそんな道具をご紹介。昭和の物が多いはずですが、多少平成や大正以前のものが混ざっていても気にしません。懐かしい物が好きな方は別サイトの「昭和新聞広告部」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイドページです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
懐かしもの好きな方
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。