15パズル「安来節」



15パズル「安来節」
【出処】島根の土産物店
【年代】昭和~平成?
【現状】現役
【絵柄】どじょうすくい

4×4のますで、1コマを抜いてあって、コマを上下左右に動かしながら絵柄を合わせるパズル。15パズルというそうですね。これにはパズル 15ゲームと書いてあります。

絵柄は昭和の雰囲気を残すキャラクターで、島根は安来節のどじょうすくい。ただ、これは出雲日御碕灯台近くの土産物屋で買ったんでなかったかな。

今の時代ならスマホとかでこういうゲームがたくさん入ってて遊べるんでしょうから、これだけを持ち歩く、ということは少ないでしょうね。そういえばテトリスのちっちゃいのとか、一時期すごくはやりましたが、あれもスマホでできたりするんでしょうね。

このパズルで覚えているのは、子供の頃の手袋です。よくある、キャラクターとかがプリントされていたり、ちょっとしたデコレーションがしてあったりするスキー手袋みたいなもの。あの手袋の甲の部分に、こんなパズルがついているのがあったのをかすかに覚えています。

けれど、当然、手袋をしたままのごつい指では、パズルを動かすのは難しい。しかも雪国、雪が隙間にはまりこんでコマが動かせない。

あれはどうやって使うことを想定していたんだろう。暖かい室内で、手袋を持って遊ぶ、ということだったんだろうか。何で手袋につけちゃったんだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tet.

Author:Tet.
そばにあると落ち着く懐かしいものたち。目にする機会は減ったものの、我が家では今も暮らしに生きているそんな道具をご紹介。昭和の物が多いはずですが、多少平成や大正以前のものが混ざっていても気にしません。懐かしい物が好きな方は別サイトの「昭和新聞広告部」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイドページです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
懐かしもの好きな方
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる