スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年ナイフ



少年ナイフ(折りたたみナイフ)
【出処】島根の文房具店
【年代】昭和?年代
【現状】現役
【刃渡り】5cmくらい

こういう折りたたみナイフで有名なのは肥後守でして、Wikipediaなんかでは同類の折りたたみナイフを指す一般名詞にもなっているという表記もあります。

ともあれ、そうした昭和の時代に鉛筆を削ったりなんかするのに使われていたであろう折りたたみナイフ、その名も少年ナイフ。グリップに堂々と刻印されています。

グリップのくぼみから刃部の峰を持って引き出します。簡単な造りながら、刃部は厚みがあり、刃もしっかりしています。

ふと立ち寄った文具屋で、店主かその奥さんらしき人と古めの文具が好きで見て回ってるという話をしていたら、あとで探して用意してくれると。のちほど再び訪ねると、奥からいろいろなものを出して待っててくれました。その中にあったものです。

少年ナイフ、という日本の女性バンドがあるようで、検索するといっぱい出てきます。何でもそのバンド名の由来も、メンバーが試験中に隣の人が使っていたペンシルナイフに少年ナイフと書いてあるのを見たから、とするサイトがいくつかありました。とすると、そのきっかけとなった少年ナイフはこれであったのかも知れません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tet.

Author:Tet.
そばにあると落ち着く懐かしいものたち。目にする機会は減ったものの、我が家では今も暮らしに生きているそんな道具をご紹介。昭和の物が多いはずですが、多少平成や大正以前のものが混ざっていても気にしません。懐かしい物が好きな方は別サイトの「昭和新聞広告部」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイドページです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
懐かしもの好きな方
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。