スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗車券入れ



乗車券入れ
【出処】岡山の雑貨屋
【年代】?
【現状】現役、使えるという意味で
【用途】おそらく硬券の切符を入れるもの

立ち寄った雑貨屋にあった、デッドストックと思われる乗車券入れ。乗車券、としか記載がありませんが、大きさからして硬券の切符をいれるものじゃないでしょうか。

黒の縁取りはあまりいい感じをうけませんが、実用本位といったところでしょうか。たたみ方も印刷のずれも個体差があります。

JRで遠距離の切符を買ったりすると、定番のケースに入れてくれますが、かつてそういう役目を負っていたものなんでしょうか。

硬券の切符。小さい頃はまだ現役で、鋏を入れたり、ダッチングマシーンで日付を入れたり、そういった場面が当たり前でした。子供料金だったので、「小」の字が切符に赤く記されていましたね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tet.

Author:Tet.
そばにあると落ち着く懐かしいものたち。目にする機会は減ったものの、我が家では今も暮らしに生きているそんな道具をご紹介。昭和の物が多いはずですが、多少平成や大正以前のものが混ざっていても気にしません。懐かしい物が好きな方は別サイトの「昭和新聞広告部」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイドページです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
懐かしもの好きな方
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。