香り付き消しゴム



香り付き消しゴム
【出処】島根の文具屋
【年代】昭和~平成の初期
【現状】きっと使用可
【香り】バナナ、オレンジ、グレープ、グレープフルーツ

香り付き消しゴム、というのか、匂い付き消しゴム、というのか。ほのかに人工的な香りがする消しゴムには、いろんな種類がありました。今でも売っているようですね。

これは文房具屋の店先で、長年日に当てられていたと見え、だいぶ色があせてしまっています。おそらく匂いもほとんどないと思いますが、案外、使っていくと中の方から香りが漂ってくるのかな。

ファンタをイメージしたと思われるデザインの、3つの丸に緑の葉っぱが付いたものは、ファンタ好きな方のサイトでみると平成5年頃まで使われていたようですので、時代的にはそのあたりなんでしょう。

そういえば、小学校低学年の頃は、消しゴムのカスを集める容器をクラスのみんなが各々持ってこさせられていました。その担任の先生だけだったのかな。高学年頃にはローラーで消しゴムのカスを集めるアイテムも流行りましたね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tet.

Author:Tet.
そばにあると落ち着く懐かしいものたち。目にする機会は減ったものの、我が家では今も暮らしに生きているそんな道具をご紹介。昭和の物が多いはずですが、多少平成や大正以前のものが混ざっていても気にしません。懐かしい物が好きな方は別サイトの「昭和新聞広告部」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイドページです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
懐かしもの好きな方
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる