下敷き



下敷き
【出処】香川の文房具屋
【年代】昭和40年代?
【現状】現役
【サイズ】B5

誰もが学校で使う下敷き。おそらく時代ごとに、その当時の人気キャラクターを配したものを多くの人が使っていたことでしょう。僕はとなりのトトロを持ってたこともあったかな。

文房具屋の片隅にあったこれらの下敷きは、すっかりホコリをかぶって、というか材質ゆえかホコリを吸着して黒ずんでいましたが、洗えばすっかりきれいに。絵柄もはっきり、厚みもあってしっかりした下敷きです。

少女漫画風の女の子の絵には、MISAKO WATANABE、ゆきこ、のサインが。なんらかの少女漫画のキャラクターでしょうか。下の怪獣と特捜隊っぽいものは、キャプテンウルトラ、と表記してあります。昭和42年に放送されていた東映制作の特撮ドラマらしいですね。

この手の材質の下敷きは厚みがあるので、暑いときにうちわ代わりにあおぐときには大変重宝します。でも案外弱いところもあるんですよね。中学校頃、こんな絵柄ではありませんでしたが、材質は同じ感じの真っ白い下敷きを持っていました。友達が何かの拍子に机へ側面を当てて、割られてしまったことがあります。

下のページに筆跡が残らないだけでなく、書いた鉛筆やボールペンの写りも防いでくれる下敷きは、案外大人になってもよく使うものです。ノートにすっと下敷きを差し込む感じ、なんか楽しくなりますよね。
スポンサーサイト
プロフィール

Tet.

Author:Tet.
そばにあると落ち着く懐かしいものたち。目にする機会は減ったものの、我が家では今も暮らしに生きているそんな道具をご紹介。昭和の物が多いはずですが、多少平成や大正以前のものが混ざっていても気にしません。懐かしい物が好きな方は別サイトの「昭和新聞広告部」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイドページです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
懐かしもの好きな方
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる